imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section new-section colour-section

日英交流年
「UK in JAPAN 2019-20」


駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルは、ラグビーワールドカップ2019日本大会から、東京オリンピック・パラリンピック競技大会までの約1年間、日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」を日本で開催します。


2019年1月に安倍首相が英国を訪問された際の日英共同声明で正式に発表された UK in JAPAN 2019-20 の開催を通して、日本と英国が信頼関係をさらに深め、未来志向型のグローバルリーダーとしてパートナーシップを育むことを目指します。


2019年9月から1年間開催される UK in JAPAN 2019-20 では、ビジネス、文化芸術、教育など様々な分野において日英の交流を促進し、またダイバーシティ&インクルージョン、イノベーションの推進などの分野で、日英のさらなる関係構築を目指します。期間中、展覧会、コンサート、舞台公演など英国のクリエイティブで多様な文化を紹介するプログラムや、ビジネス、教育分野における日英両国の知識と人材交流を促進するフォーラム、さらに駐日英国大使館で展開されるUKハウスなど、年間を通じて多彩なプログラムを日本各地で展開します。

row-start col-md-5 #top-section top-section #about-section colour-section padding-top-100
col-sm-12 col-md-7 top-section row-end padding-top-100

2019年と2020年は日本にとって特別な年です。新天皇即位に伴う「令和」への改元に始まり、世界最大のスポーツの祭典であるラグビーワールドカップ2019日本大会と東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。

この二つのグローバルスポーツイベントを通して、世界中の人々が日本の魅力を目の当たりにするでしょう。英国は、2012年のロンドン五輪や過去に開催したラグビーワールドカップで培った知見をこれまで日本と共有してきました。今後も二大会の安全と成功に向けて、英国は日本と共に歩んでいきます。

日本と英国は、多くの価値観を共有しています。また、高齢化社会、クリーンな成長、人工知能(AI)やデータの利用、将来のモビリティなど、両国は同じような課題を掲げています。UK in JAPAN 2019-20 は、日本と英国がこれまで築いてきた固い絆を祝福し、共通の課題解決とより良い未来の創造に向けて、二国間のパートナーシップのさらなる強化を目的としています。

日本にとって記念すべき年となる2019年と2020年。UK in JAPAN 2019-20 を通して、英国もこの歴史的な瞬間に貢献できることを大変嬉しく思います。

 

駐日英国大使 ポール・マデン

row-start col-md-5 #top-section top-section #about-section colour-section padding-top-100
col-sm-12 col-md-7 top-section row-end padding-top-100

日英両国の文化を土台とする関係は、信頼を築き、学び合い、そして互いの絆のさらなる発展を実現する基盤となります。世界水準の文化活動を重要なプログラムとして展開する UK in JAPAN 2019-20 は、まさに文化を通じて日本と英国の相互関係を祝うことのできる絶好の機会となります。

 

ブリティッシュ・カウンシル 駐日代表 マット・バーニー

row-start col-md-12

お問い合わせ

UK in JAPAN 2019-20 に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

UK in JAPAN 2019-20 およびスポンサーシップについて:public-enquiries.tokyo@fco.gov.uk

アート、教育関係のプログラムについて:ブリティッシュ・カウンシル

row-end col-xs-12 col-md-4