imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

英国より来日するフィンテック企業11社のご紹介

日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」の幕開けとして、英国大使館は9月2日(月)より1週間、「Future of Financial Services GREAT Week」を開催いたします。

 

日本経済新聞社・金融庁共催のフィンテック・サミットに合わせ、英国からフィンテック/サイバーセキュリティ企業11社が来日し、FIN/SUM 2019会場、また英国大使館が開催するUK Fintech Night in Tokyo 2019 (招待制)でピッチセッションを実施し、進化し続ける英国フィンテックの最前線をお届けします。来日する英国企業は、人工知能(AI)、サイバーセキュリティ、ブロックチェーンソリューション、レグテック、仮想通貨など多岐にわたり、最先端の技術やサービスを日本のフィンテック関係者にご紹介します。

FIN/SUM会場での英国企業のピッチセッションをご覧いただく場合は、通常有料の入場チケットが必要となりますが、お持ちでない場合は、下記リンクよりご登録ください。当日ピッチセッションのみ無料で聴講可能なパスを、丸ビル7階の総合受付の専用窓口でお渡しいたします。

日時:9月4日(水)10:00-12:00 (9:30開場)
場所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル(Marunouchi Building) 8F Innovation Stage (カンファレンススクエア Room4)
ご登録はこちらからお願いします。
お問い合わせ先:リンク先をご確認ください

また、弊館が9月5日(木)に開催する UK Fintech Night in Tokyo 2019にて、日英フィンテックを取り巻く環境と今後の見通しについて、日英のフィンテック有識者がパネルディスカッションを実施いたします。こちらのパネルディスカッションは英国大使館公式Facebookページ(@UKinJapan)にてライブストリーミングする予定ですので、詳細については、Facebookページをご確認ください。

row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

来日企業一覧:

B2C2 OTC Ltd.
https://www.b2c2.com/

B2C2は、電子OTC(店頭)取引で世界をリードする大手仮想通貨リクイディティ・プロバイダー。卓越した運営やトップクラスのクライアントサービスなど、金融市場のベストプラクティスをデジタル資産クラスに導入しています。B2C2は、ロンドン本社に加えて世界の主要な金融中心地に支社を展開しており、英国金融行為監督機構(以下、FCA)の認可・監督を受けています。

 

CCL (Solutions) Group Ltd. 
https://cclgroupltd.com/

CCLグループは、世界のトップ企業や大規模公共組織に信頼されるサイバーセキュリティ専門企業で、サイバーセキュリティ、データアナリティクスやデジタル・フォレンジックの統合が生み出すユニークな優位性を生かして、日々進化するサイバー脅威から組織を守っています。企業の主要業務を支える完全管理型セキュリティサービスからテーラーメイドの脅威インテリジェンス、リスクプロファイリング、セキュリティテストまで提供しています。

 

Critical Blue Ltd.
https://www.approov.io/about-us.html

Critical BlueのApproovは、モバイルビジネスの安全保護を目的として設計され、数々の賞に輝いたユニークな製品で、常にユーザーの真正モバイルアプリだけがサービスにアクセスできるよう保証する、効果の高いスムーズでポジティブなソリューションです。消費者向けフィンテックビジネスを円滑に運用し成長させるには、早い段階でボットやクローンアプリをブロックすることが不可欠です。

 

CyNation Ltd.
https://www.cynation.com/

CyNationのプラットフォームCyDeskは、サードパーティリスクの管理に関わるプロセスを自動化、オペレーション化し、デジタルトランスフォーメーションによるリスクをリアルタイムで可視化します。CyDeskは、サイバーセキュリティや規制コンプライアンス、その他KYC(顧客本人確認)、AML(マネーロンダリング対策)などのビジネスリスクを単一のダッシュボードに統合します。CyDeskプラットフォームのインテリジェント・リスクフュージョン・エンジンを使えば、企業は社内外両方の情報源から取得したリスク情報をまとめ、その上でリスクインサイトを分類・解釈・優先度の判断を行い、企業のデジタルビジネスのリスクエクスポージャーを計算することが可能になります。

 

Elliptic Ltd.
https://www.elliptic.co/

Ellipticは仮想通貨が将来価値移転において大きな役割を果たすようになると考えており、この未来図の実現を支援するため金融機関や仮想通貨企業による安全かつ信頼性の高いサービス提供を促進しています。仮想通貨エコシステムにコンプライアンスや調査のためのソフトウェアとサービスを提供しており、大手国際金融機関や仮想通貨企業、政府省庁などが顧客となります。

 

Evolution AI Ltd.
https://evolution.ai/

Evolution AIは、市場で最も正確な機械読解プラットフォームを作ることをミッションとして設立され、貸借対照表、請求書、損益計算書などの非構造化文書からの情報抽出というニッチ市場を専門にしています。Evolution AIは、最先端のコンピュータービジョンと自然言語処理技術を使って、効率的で正確な機械読解プラットフォームを実現しており、技術は非構造化データと完全な互換性があり、テキストデータ、スキャン文書、PDF、画像を読み取ることができます。

 

Heliocor Ltd.
https://heliocor.com/

世界のビジネスのやり方に「信用」を回復させるべく変革を推進することをミッションとして掲げるHeliocorは、高速データアナリティクス・エンジンRoboliticsTM、AI、ニューラルネットワーク、機械学習を使ってコンプライアンス管理の効率化を図ります。また、Dokstorオペレーションシステムとアプリ(アンドロイド・iOS)を通じて、クライアント・オンボーディングの顧客本人確認(KYC)やマネーロンダリング対策(AML)を支援しています。ブロックチェーンのレバレッジ力を生かしたこの2つの高機能製品を組み合わせて、世界初のグローバルな不正防止エコシステム構築を目指しています。

 

iProov Ltd. 
https://www.iproov.com/

 iProovは、「デジタルユーザーが本当に実在すると信じることができるのか?」という疑問に答えべく設立されました。市民や顧客のハイリスクなやり取りが完全自動化デジタル環境に移行する中、サイバー犯罪者やなりすましなどの新しい脅威が出現しており、iProovは銀行や政府と協力し、生体認証と管理型サイバーセキュリティサービスによりデジタル市民や顧客を検証、高度ななりすまし詐欺やサイバー攻撃などを検知・妨害しています。

 

Protective Intelligence Ltd. 
http://www.protectiveintelligence.co.uk/

Protective Intelligenceは金融サービス分野で幅広い経験を持つ企業であり、英国ではFCAのCyber Resilience Toolkit開発を支援した実績があります。また、オープンバンキング導入機構(The Open Banking Implementation Entity)の支援者として、世界をリードする英国のオープンバンキング·エコシステムを保護しています。金融サービス企業向けに総合的なサイバーセキュリティ·パッケージを提供する他、顧客が自社のセキュリティを危険にさらすことなくネットワークに対するダークウェブトラフィックの影響を確認できるよう、世界初のダークウェブ監視サービスを提供しています。

 

re:infer Ltd.
https://www.reinfer.io/

re:inferのAIプラットフォームは、プレトレード・ポストトレード業務全体を対象に、非構造化通信(Eメール、通話、チャット、ノートなど)をリアルタイムで構造化データに変換し、アナリティクスとプロセス自動化機能を提供します。re:inferはプレトレード環境でフロントオフィスチームが取引シグナルにすることができる市場情報やクライアントの意図、感情、トレンド、隠れた関係性などを自動的に探知します。その後ポストトレード環境では、手動プロセスを探知し、不成立取引の数値化、需要牽引の根本原因の強調、不正確な参照データの検知、自然言語によるリクエスト処理の実現化などを行います。

 

Thought Machine Ltd. 
https://www.thoughtmachine.net/

Thought Machineは、現代的な製品技術企業ならではのアプローチで次世代コアバンキングに取り組んでいます。Thought Machineの製品開発は、グーグル出身者からなるエンジニアリング役員陣の主導で行われており、その中核にあるのは卓越したエンジニアリングとクラウドネイティブなアプローチのDNAです。その結果、Thought MachineのVaultは、今日の市場で最もカスタマイズ性の高い、真にリアルタイムで動作するバンキングコアとなっています。

row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section

「英国ビジネスニュース」を購読する

英国大使館では、英国のビジネス環境を日本語でご紹介するメールマガジンを配信しております。購読をご希望の方は、下の「購読する」ボタンを押してご登録ください。