imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section

英国ではフィンテックが盛況しており、今やフィンテック業界に約70億ポンド(約9300億円)の経済価値があります。英国の金融サービス部門はイノベーションの最先端を走り続け、世界の他のどのクラスターと比較しても、圧倒的に資本・規制当局・人材の確保が進んでおり、欧州のフィンテックの中心地と考えられています。

row-start col-md-7 #top-section top-section new-section colour-section

英国のフィンテック最新事情 パート1

 

2019年9月第一週目、金融分野における日本と英国のさらなる関係構築を目的として開催された、日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」のビジネスプログラムの一つ、「金融サービスの未来」(Future of Financial Services)。パート1では駐日英国大使館で開催された「金融の未来-セミナー&レセプション」の模様をお送りします。


もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

英国のフィンテックが強い6つの理由

1. 活気あふれる業界

英国のフィンテック企業数はヨーロッパ最多。世界一の金融サービス部門へのアクセスが可能です。

 

2. 先進的な政府の政策・規制

投資を誘致するとともに、イノベーションと競争力の強化につながります

 

3. 多様な人材

英国には国際的な労働力および世界有数の大学を卒業した地元出身者のパイプラインがあります

 

4. フィンテックサービスの需要

消費者習慣の変化が、新しいデジタルサービスの迅速な導入につながります

 

5. トップレベルの資本投資

英国のフィンテック業界は、その人材と有利な税制に魅力を感じたグローバルなベンチャーキャピタルから投資を受けます

 

6. 英国全土に広がる強力なフィンテックの地域拠点

フィンテック企業を支援するネットワークが確立されています

col-sm-12 col-md-5 top-80 row-end padding-top-100
row-start col-xs-12 row-end colour-section

動画