imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」ニュース

row-start col-md-7 #top-section top-section new-section colour-section row-start col-md-7

日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」、『英国の食の祭典』で幕開け

 

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を目前に控えた9月17日(火)、日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」の公式開幕を祝うレセプションが駐日英国大使館で開催されました。

 

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

ラグビーの力でインクルーシブな社会を実現


ラグビーには、社会にポジティブな変革をもたらす力がある。ラグビー界では、その想いを胸に、多様性を尊重する包括的な社会の実現に向けた取り組みの輪が広がっています。

 

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section colour-section

伊勢市アーティスト・イン・レジデンス


10月6日から18日まで、英国を拠点とするアーティストを三重県伊勢市に招へいし、アーティスト・イン・レジデンスを実施します。

 

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

英国のフィンテック最新事情 パート1

 

2019年9月第一週目、金融分野における日本と英国のさらなる関係構築を目的として開催された、日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」のビジネスプログラムの一つ、「金融サービスの未来」(Future of Financial Services)。パート1では駐日英国大使館で開催された「金融の未来-セミナー&レセプション」の模様をお送りします。


もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

ブラインドラグビーを通じて共生社会の実現


アジア初の開催で日本中がラグビーワールドカップの熱気に包まれているであろう10月中旬、もうひとつの国際大会が開幕します。

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100 colour-section
row-start col-md-7

英国大使館 公式Twitter

 

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100

ブリティッシュ・カウンシル 公式Twitter

row-end col-sm-12 col-md-5 padding-top-100row-start col-md-7

「英国ビジネスニュース」を購読する

英国大使館では、英国のビジネス環境を日本語でご紹介するメールマガジンを配信しております。購読をご希望の方は、下の「購読する」ボタンを押してご登録ください。

row-end col-sm-12 col-md-5 padding-top-100 hidden
row-start col-md-12

お問い合わせ

UK in JAPAN 2019-20 に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

UK in JAPAN 2019-20 およびスポンサーシップについて:public-enquiries.tokyo@fco.gov.uk

アート、教育関係のプログラムについて:ブリティッシュ・カウンシル

row-start col-md-6 hidden

英国の技術ソリューション

 

技術の飛躍的な進歩に伴い、人工知能は無人運転車、高付加価値の自動化製造、疾病の根治など多くの業界に変革をもたらすことができました。人工知能は経済の転換を実現させ、数十億人の生活を改善し、環境保護に役立つと言っても過言ではないでしょう。業界に必要なスキルはコンピュータサイエンス、認知科学、哲学、心理学など、数々の従来学術分野に関連しており、英国がこれらの分野でリード地位にあるのは既定の事実です。多くの業界に比べて、人工知能と大学の研究プロジェクトとの連携は密接に連携しており、この分野ではケンブリッジ大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンが特に実力を持っています。グーグルやフェイスブック、ツイッターを使っている際に英国の強力な人工知能技術の恩恵を受けていることになります。人工知能は無限に近い応用の可能性を持っています。AI技術と専門知識を活用したいとお考えであれば、英国の企業は最適なパートナーとなります。



英国は世界で最も強大で先進的なインテリジェントセンサー技術生態システムを持つ国の一つであり、その開発は世界一流の学際的な研究開発と応用知識に関連しています。このシステムは柔軟で動的なユーザー基盤によって支えられており、複数の産業や消費者のアプリケーション分野にまたがっています。英国製の先進的なセンサーに関する知的財産権(過去10年間に発表された特許の3分の1はセンサー関連)やセンシング技術は、デバイス、ハードウェア、応用技術、ソフトウェアやサービスなどにおいて大きな割合を占めています。インテリジェンス·センシング·テクノロジーや専門知識からメリットを得たいと考えている場合は、英国企業が支援いたします。英国の強力なサプライチェーンと市場の牽引力は、航空宇宙、一級フォーミュラカー、工業、電気通信などの大規模産業の需要とイノベーションの推進に役立ち、英国の宇宙システム会社(Bae Systems)、ロールスロイス(Rolls Royce)、シーメンス(Siemens)など英国に本社を置く多国籍企業を支援しています。これらの新興の中小科学技術企業は新しい技術とデータ分析を利用してセンサーから発生した新しいデータにアクセスし、クエリー、演算と可視化を行うことで国際資金の投資を誘致しています。



世界一流の専門知識、経験豊富なサプライヤー、強く成熟した市場ニーズ及び安定かつビジネス開発に有利な環境により、英国のデータ分析部門は世界で最も強大な先進的なデータ分析部門の一つとなりました。この部門において、データの収集、保存、管理、および分析にデータセンターは不可欠な存在です。英国には約500のデータセンターがあり、そのうち3分の1は商業ホスティングを運営し、スペース、帯域幅、機器を小売り企業に貸し出しています。これらのセンターの運営会社には、Equinix、Pulsant、DigitalRealty、Global Switch、およびVirtusが含まれます。3分の1はIBM、ブリティッシュ·テレコム(BT)、Atos、富士通(Fujitsu)、HP(HPE)などのICTサービス·プロバイダをサポートしており、3分の1は社内運用を通じて、直接高等教育施設、銀行、スーパーマーケットなどの機構に企業IT機能サポートを提供しています。ロンドンの他、マンチェスターはデータセンター市場において2番目に大きい地域ハブとなっています。他にも重要設備が設置されているニューカッスルとカーディフにはヨーロッパで2番目に大きなデータセンターNGD(Next Generation Data)があります。英国には次のような強みがあります

• Well-established and mature, with a 3.8% annual growth rate since 2011

• ヨーロッパ最大のデータセンター市場である英国は、280万平方メートルの空白地帯を使用し、その地域の容量の26%以上を占めています。

• 英国のデータセンターには95万台のサーバーラックがあり、西欧全体容量の25%を占めています。

• 英国がデータセンターにおける投資額は146億ドルで、米国の次に並んでいます。



英国は世界で最も強く、最も発達したデータ分析部門を持っています。この部門は英国のテクノロジー企業の多様性と各種データ管理と分析によって効率性を向上させる分野によって支えられています。接続性の向上はより多くのデータが無線ロボット、無人運転車、医療、スマートホーム、スマートシティなどのルートを通じて収集されることを意味しています。その接続設備数は2020年までに1000億台に達し、それと同時にIoT産業の総額は徐々に10兆ポンドに達することを意味します(出典:「2020年グローバル化指標」)。英国の企業は、処理、分析、マネタイゼーションの面で力になれる最高のパートナーです。

“The UK has access to a unique blend of skills; quantitative analysis from financial services, science from top universities, design from some of the best creatives in the world” Simon Williams, Chief Executive Officer, QuantumBlack

row-end col-md-6 hidden

 

 

電力供給、センサー、組み込みシステム、レーザーまたはディスプレイなど世界をリードする英国の業界で数々の素晴らしい新技術が生まれました。これにより、光電システム(EPES)の主要なテクノロジー分野は、各産業部門と消費者市場全体の強固な基盤となっています。英国が学術研究における専門知識、強固な科学研究の基礎及び有名な革新能力などいずれも英国企業がトップレベルの消費製品の発見であることや英国の専門コンサルティングを提供するにふさわしいグローバルパートナーであることを示しています。英国には次のような強みがあります

• 強力な知的財産(IPR)の枠組みと法体系

• 既に確立した知的財産開発

• 迅速な製品マーケティング

• 大規模なソフトウェア業界

• 学術、企業、産業クラスターに関する研究グループ。



英国はアマゾン、マイクロソフトやグーグルなどの大手テクノロジー企業が信頼するクラウドコンピューティングの拠点でもあります。英国政府の安定した支援政策、監督管理措置、調達フレームワークにより、英国のクラウドコンピューティングプロバイダの規模は拡大し続けています。また、英国に本社を置き、クラウドコンピューティングシステムと機能の輸出を行っている企業に対して、英国国際通商省(DIT)も積極的な支援を提供します。英国にはダイナミックで急成長しているクラウドコンピューティングの市場があります。インフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェア、ソリューションにおいて革新的なクラウドコンピューティングサービスを提供するクラウドコンピューティングプロバイダが複数あります。英国はチップ設計から人工知能に至るまで、クラウドコンピューティングプロバイダに関連するあらゆる面で、強力で世界トップクラスの実力を持っています。ロンドンのデータセンターの生産能力は世界で重要な位置を占めており、そのクラウドコンピューティングシステムの集結度は欧州でトップを誇るものです。このセンターの強みは次のとおりです

• セキュリティとプライバシー面において高度に職責を果たしているため、英国のサプライヤーはセキュリティとコンプライアンスの面で大活躍することができます。

• 世界一流のネットワーク·セキュリティの経歴がグローバルのクラウド·コンピューティングユーザー、そしてセキュリティとプライバシーへの関心にお応えします。

• クラウド·コンピューティング·ソリューションの定義において人工知能の重要性がますます高くなるにつれ、輸出主導型機能をサポートする人工知能(AI)の優位性が著しくなっています。

• 強力なハードウェアとソフトウェアのインフラストラクチャがクラウドコンピューティング企業を力強くサポートします。


 

イギリスの通信業界は先進的な機能を備え,従業員のスキルが高く、既存の生態システムは外向型の企業と学術機関で構成されています。イギリス通信管理局の明確で安定した市場監督管理により、英国の会社は貿易パートナーに幅広く歓迎され、これによって世界第2位の電信サービス輸出国となりました。英国の通信業界は数多くのサービスと機構に関連し、あらゆる規模の専門私営企業、規制された公共サービス機関、私営商業サービス機関、輸送および緊急サービス機関、そして業界が依存するインフラストラクチャとソフトウェアの設計、製造および実装などが含まれています。どのような製品、サービス、または専門知識をお探しの場合でも、幅広い範囲をカバーし、成熟に発展した英国の通信部門ご提供しております。英国には次のような強みがあります

• ネットワーク化されたIT管理および通信サービス

• 衛星通信

• コネクテッド·サポート·プラットフォーム

• 保証業務、テスト、および運営

• システム統合、設計、コンサルティング

• 光ファイバおよび光電子

• ワイヤレスと衛星ネットワークおよびサービス。

row-end col-xs-12 col-md-4