imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

英国のフィンテック最新事情 パート2 英国大使館主催のUK Fintech Night in Tokyo 2019

 

2019年9月第一週目、金融分野における日本と英国のさらなる関係構築を目的として開催された、日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」のビジネスプログラムの一つ、「金融サービスの未来」(Future of Financial Services)。一週間を通して、日英の有識者が将来的な金融分野での日英協力の方向性について議論しました。

 

今回は「金融サービスの未来」期間中に開催された二つのイベントレポートをもとに、「フィンテックといえば英国なのか?日本との今後のパートナーシップの在り方とは?」について考えます。 パート1では駐日英国大使館で開催された「金融の未来-セミナー&レセプション」の模様をお送りしました。パート2は、日本経済新聞社・金融庁主催のフィンテック・サミットに合わせて英国から来日し、フィンテックおよびサイバーセキュリティ企業11社が参加した、英国大使館主催のUK Fintech Night in Tokyo 2019のイベントレポートです。 

 

まずは、「日英フィンテックを取り巻く現状と今後の展望-更なるコラボレーションの可能性」をテーマに、金融行為監督機関(Financial Conduct Authority、以下FCA)イノベーション・ディレクターのNick Cook氏、Barclaysヨーロッパ・アジア地域戦略投資責任者のRyan Hayward氏、そして一般社団法人Fintech協会(以下Fintech協会)理事の鬼頭武嗣氏が登壇しました。モデレーターは英国大使館対英投資担当参事官のDarren Goffが務めました。

 

英国のフィンテックが成功した理由はレギュラトリー・サンドボックスにある

 

フィンテック・スタートアップに積極的に融資しているBarclaysのRyan Hayward氏は、英国フィンテックが成功した最初のポイントはクリティカルマスを超えたこと。そして、レギュラトリー・サンドボックス「規制の砂場」によって、革新的なビジネスの実験が可能になったことと説明しました。

 

英国の規制当局であるFCAのNick Cook氏は、「レギュラトリー・サンドボックスによって新しいテクノロジーとイノベーションが進み、英国の革新的なビジネスを紹介できるメカニズムができた」と述べました。

 

英国のスタートアップにとって日本は大きな市場

 

三年間で400社以上のフィンテック・スタートアップを育てたFintech協会の鬼頭氏は、「日本には1億人以上が住んでおり、英国のスタートアップにとって日本は大きな市場である。しかし、日本の産業は製造業に最適化され過ぎており、デジタル化が進んでいないことが問題。日本の規制は、特に海外のスタートアップ企業にとっては複雑でトリッキーと言われる」と話しました。

 

また、鬼頭氏は、昨年、政府が日本版のレギュラトリー・サンドボックスを立ち上げたことを述べました。「サンドボックスは既存の規制を変革し、英国の新興企業に対して日本でビジネスを行うことを支援している。サンドボックスの国際的な相互運用性をどのように確立できるか、政府に働きかけている」と続けました。

 

 

 

日本のフィンテック企業5社が受賞、テック・ロケットシップ・アワード

 

イベント後半では、英国大使館とスコットランド国際開発庁による第1回テック・ロケットシップ・アワードの授賞式が行われ、グローバルなサービスを提供する日本のフィンテック企業5社が表彰されました。このアワードは、駐日英国大使館が展開する日本と英国の堅い絆を深めていく日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」の一環で、今注目される5つのビジネス分野において、日本の革新的なテック企業を英国視察へご招待し、世界随一の英国テック・エコシステムにて成長の機会をサポートするキャンペーンです。優勝企業には、英国でのフィンテック・イベント参加や、ロンドンとエディンバラでの現地企業、投資家、業界団体とのネットワーク構築など、英国でのビジネスチャンスの足掛かりを作って頂きます。
 

col-sm-12 col-md-7 top-80 row-start colour-section

 「テック・ロケットシップ・アワード:金融サービスの未来」受賞企業:

 

Keychain(Jonathan Hope氏 / Keychain CEO)

Keychainはブロックチェーン技術によるデータセキュリティソリューションの開発プラットフォームを提供している。次世代インフラに必要不可欠なデータセキュリティソリューションという点と、明確な海外展開および英国でのビジネスプランを評価し受賞された。

マネーツリー (Paul Chapman氏 / マネーツリー CEO)

マネーツリーは、最新のクラウド技術を使って、複数の銀行口座やクレジットカード、ポイントサービスの明細をまとめて表示する個人資産管理サービスを提供している。オープンデータ先進国、英国での、さらなるビジネスの発展を期待される点で受賞された。

Credify (富永 誠氏 / Credify CEO

Credifyはブロックチェーン技術を使い、ユニバーサルな"proof-of-trust" を匿名かつ高い認証精度で提供するソフトウェアを開発している。次世代デジタルKYCの需要にマッチするイノベーティブ なサービスと、英国での研究開発に意欲的という点で、受賞された。 

ソラミツ (守山 侑李氏 / ソラミツ 経営管理部)

 ソラミツは、ユーザー向けデジタルアセット・アイデンティティ管理ツールとして、次世代のパーミッション型ブロックチェーンプラットフォームの"Hyplerledger Iroha"を提供している。すでに海外の国立銀行と "Hyperledger Iroha" を活用した新しい決済インフラの開発に着手されている実績を踏まえ、今後の英国との連携にも期待を込められ受賞された。

クラウドリアルティ(鬼頭 武嗣氏 / クラウドリアルティ CEO)

Crowd Realtyは不動産に特化したクラウドファンディングのマーケットプレイスを提供している。グローバル・クロスボーダーで不動産を証券化し、世界中で自由に流通できるサービスが評価され受賞された。また、鬼頭氏は一般社団法人Fintech協会 理事として、日英政府間でのGovernance Innovationに関する枠組みの制定や、Regulatory Sandboxなどの具体的な仕組みの国際連携にも取り組んでいる。 

 

現在、他の4分野のアワードへの応募を受け付けております。締め切りは2020年1月31日となりますので、この機会にぜひご応募をお待ちしております。

テック・ロケットシップ・アワードの5つのビジネス分野:

金融サービスの未来【終了】

脱炭素化へのアプローチ

高齢化社会の課題と商機

モビリティの未来

創造力とテクノロジー

ご応募はこちらから

 

col-sm-12 col-md-5 top-80 row-end
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

英国のフィンテック企業11社によるピッチセッション

 

 来日した英国フィンテック・サイバーセキュリティ企業11社により、英国の最新フィンテック事情について、そして自社の強みについてピッチセッションも行われました。ピッチした企業は以下となります。

B2C2

CCLグループ

Critical Blue

CyNation

Elliptic

Evolution AI

Heliocor

iProov

Protective Intelligence

reinfer

Thought Machine

row-end col-sm-12 col-md-5 padding-top-100row-start col-md-7

「英国ビジネスニュース」を購読する

英国大使館では、英国のビジネス環境を日本語でご紹介するメールマガジンを配信しております。購読をご希望の方は、下の「購読する」ボタンを押してご登録ください。