imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

パラリンピックの起源は、英国のストーク・マンデビル病院で、第二次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリとして開催された競技大会です。1948年に医師ルートヴィヒ・グットマンが提唱し、やがて1952年に国際大会となり、1964年には東京大会が開かれました。  

 

2012年のロンドン大会はパラリンピック史上最高の成功を収めました。史上最多の観客を動員し、様々なレガシーをもたらしたのです。インフラ整備で障がい者のアクセスを改善し、共生社会に対する国民の意識を変革しました。

 

英国政府はパラリンピックのために様々な取り組みを仕掛けました。国民の関心を高めるために学校での教育プログラムや障がい者アーティストに焦点をあてた文化プログラムを展開しました。また、Games Makerという大会ボランティアプログラム では7万人以上の障がいをもつスタッフが活躍しました。その結果、スポーツを楽しむ障がい者人口とパラリンピック競技に触れる場が増えたのです。

 

「スポーツは障がい者と健常者の壁を取り払うことができる」と、英国は強く実感しました。東京2020大会が多様性と調和を育み、そのポジティブな変革を未来へ継承できる機会になるよう、英国と日本が協力できることを願っています。

col-sm-12 col-md-5 top-80 row-end
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section colour-section

ラグビーの力でインクルーシブな社会を実現


ラグビーには、社会にポジティブな変革をもたらす力がある。ラグビー界では、その想いを胸に、多様性を尊重する包括的な社会の実現に向けた取り組みの輪が広がっています。

 

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

ブラインドラグビーを通じて共生社会の実現


アジア初の開催で日本中がラグビーワールドカップの熱気に包まれているであろう10月中旬、もうひとつの国際大会が開幕します。

もっと読む

col-sm-12 col-md-5 top-section row-end padding-top-100
row-start col-xs-12 row-end

動画