imgToBackground
Global Header - DO NOT DELETE
row-start col-md-12 #top-section top-section #about-section colour-section

英国は自動車産業の世界的リーダーであり、モビリティの未来を形成し、コネクテッドカー、自動運転車両、カーシェア、電気自動車の発展をリードしています。英国は、2040年までにガソリン車とディーゼル車のすべての新車両の販売を禁止し、排気ガスを実質ゼロにし、排気ガスゼロ車両の設計・製造の先進国になることを目標としています。また、英国自動車産業は、自動運転技術により莫大な経済的利益が創出され、2035年までに520億ポンド(約6.8兆円)規模となる見込みです。

row-start col-md-7 #top-section top-section new-section

英国の自動車産業が強い5つの理由

1. 世界トップレベルの自動運転テストベッド

英国には、自動運転車両技術の試験・開発を行うための独自の環境や機能が備わっており、6つのテストベッドを保有しています。アイディアをコンセプトから開発まで展開でき、それぞれのテストベッドを3時間以内のドライブで移動することができる世界で唯一の国です。

 

2. 低炭素社会へ向けて充実した政府主導の支援体制

クリーンな車両駆動方法のためのイノベーションの支援など、80以上の研究プロジェクトに2億2500万ポンド(約300億円)を出資しています。

 

3. 電動自動車用バッテリー研究開発及び製造への支援体制

バッテリー寿命の延長やリサイクル、全固体バッテリーを含む次世代のバッテリー技術開発へ2億7400億ポンド(約360億円)を出資。また、2020年には約1億億ポンド(約140億円)の政府支援によるUK Battery Industrialisation Centreをコベントリーに開設し、バッテリーの大量生産までの製造技術をサポートします。

 

4. 自動車サプライチェーン

あらゆる製品を網羅する充実したサプライチェーンにより国内調達率は44%を誇り、自動車メーカーとサプライヤーとのビジネスマッチングイベントなどを通じて、さらなるビジネス機会を提供しています。

 

5. 世界最高レベルの人材の確保

世界10位以内の研究大学のうち4校、コンピューター科学大学の3校が英国の大学です。

col-sm-12 col-md-5 top-80 row-end